制汗剤、きちんと使えていますか?

汗や嫌な臭い対策に、制汗剤を使われている方は、たくさんいらっしゃると思います。
とても便利な制汗剤ですが、正しく使えていますか。

嫌な臭いの原因は汗ではなく、酸化した細菌が臭いを発しています。
その細菌をやっつけてあげないと、嫌な臭いを防ぐ事は出来ません。

嫌な臭いがしてきてから、やみくもに大量の制汗剤を付けても、あまり効果を出事が出来ません。
それどころか、制汗剤に配合されている香りと汗の臭いがまざり、とっても嫌な臭いになってしまう事もあります。

制汗剤は、清潔肌に付ける事が1番

嫌な臭いを発してから付けるのではなく、清潔な肌に付けてあげる事が、高い効果を発揮してくれます。
お風呂上り等の清潔な肌状態の時に、制汗剤を付けるようにしましょう。

朝等、お風呂やシャワーに入っている時間なんか無い!という方は、液体タイプの制汗剤を付け、汗を綺麗に取り除きましょう。
不純物の無い肌状態にしてから、更に制汗剤を綺麗に付けてあげましょう。
液体タイプの制汗剤が無い場合は、熱いお湯に浸けたタオルを硬く絞った物を代用しても、かまいません。

清潔な肌の上から、制汗剤を必ず付けるようにしましょう。

制汗剤は、なるべく無香料の物を使うようにしましょう。
嫌な臭いを香りが混じると、とても不愉快な臭いになります。
制汗剤に香りが付いているのは、良いようで不都合な場合も多いので、気を付けましょう。

出先で嫌な臭いになってしまった時

出先で嫌な臭いになってしまった場合は、シートタイプの制汗シートが役に立ちます。
シートタイプの制汗剤で、1度汗や汚れを綺麗に拭き取ってあげましょう。
その上から、制汗剤を重ね塗りしてあげると、女性 脇の臭いを取り除く事と防ぐ事が出来ます。
シートタイプの制汗シートは、出先でも役に立つアイテムなので、バックに1個携帯していくととても便利です。
制汗シートが無い場合は、ノンアルコールのウェットティッシュを代用しても良いでしょう。
どちらも、1個バッグに入れておくだけで、大変重宝します。

ワキ部分の汗によって衣服に臭いが付く心配がある方は、ワキ汗パットなどを付けておくと良いでしょう。